2017年02月14日

通院記録。。。歳なりに色々あるね

17214-1.JPG

年末の血液検査で
BUNが60、ALTが135と
数値が高かったおジルちゃん。


今回の検査結果では
BUNが75,1、ALTが154と
さらに上がっていました。
特にBUNの上り幅が大きい


BUNが高くなるのは腎臓機能の低下が原因ですが
ジルの場合CREは正常値なので
高たんぱくな食事、消化管出血、脱水
などの影響が考えられるかと。

ALTに関しては主に肝臓の機能の異常が疑われますが
基準値の上限2〜3倍までの数値なら許容範囲とされています。


嘔吐や下痢などの症状もなく
食欲もあり便も正常なので
とりあえずは膀胱腫瘍のお薬のバキソの服用を3日に1度にして
様子を見ることになりました。






17214-2.JPG

膀胱腫瘍のエコー検査は今回も変わりなし。
ワタシ的には毎回この検査が一番緊張する。

オトーちゃんはもうエコー画面見ただけで
先生の説明がなくても
変化の有無がわかるらしいけど

ワタシはドキドキするし
画面を見てもいまいち理解できないので
ひたすら下を向いて先生の言葉をメモメモする係です。




17214-3.jpg

最後に一番嫌いな
お爪切りと肛門腺絞りしてもらって診察終わり。

経過観察でよしな結果には安堵してますが
じつは前から密かな不安要素がもう一つ。


頭部が細かく震え前のめりに倒れかけることがあります。
水を飲もうとしたときやご飯のときなど
座った状態でも。

だいたい一瞬のことですが頻度は多くなってきています。

先生にもそれはヘルニアによるふらつきとは違うと言われましたし
ワタシもそう思います。

眼振や痙攣や失禁はありませんが
やはり軽い発作のような気がします。

検査しないことには断定できないのですが
どこかの神経の異常なのかな。
でも前庭疾患ではなさそう。

今更大掛かりな検査は希望しないので
ひどくなったらお薬で抑える事を考えています。





17214-4.JPG

帰宅後、珍しくオカーちゃんのお膝。
首がしんどそうだからクッション置いたら
本気で寝ちゃって
おも〜〜〜〜いあせあせ(飛び散る汗)
脚ビリビリ・・・
だけど動いたら悪いから一人我慢大会みたいな状態。






17214-5.jpg

通院ストレスからか
夕散歩では珍しくウンちゃんが出なかったおジルさん。
翌朝は人間みたいなサイズをして
オトーちゃん大喜び。変態か!

そのあとオトーちゃんが洗車しに行くからって
ジルさん同伴。
GSの周りで散歩中また大物をしたとLINEが。
ジルのブツの件で盛り上がる夫婦。ふたりとも変態か!






ニックネーム きっこ at 18:19| Comment(0) | 体調・通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]